2009年12月09日

ModelSimでビットマップのリードライト(完成)

以前、「ModelSimでビットマップのリードライト」で紹介したモジュールがやっと完成した。
これを使えば簡単にビットマップをテストベクタとして利用できるので画像処理なんかには便利だと思う。
また、FLI等は使わずVHDLの記述だけで実現しているので修正も出来るし応用も出来る。
という事で、他の人にも使って貰えればと思うのでソースコードを公開します。

ダウンロード

動作環境
OS:Windows系
シミュレータ:ModelSim(XEでも大丈夫だと思う)

使用方法
上記環境で、ModelSimにPathが通っていれば、解凍したファイルの「sim.bat」を実行すればサンプルが動きます。
このサンプルは、解凍したファイルの「read.bmp」を読み出しピクセルデータを反転して「write.bmp」に書き込むだけです。
後は適当にソースコードを見て下さい。

ドキュメントが少ないので申し訳ないが要望があれば整備します。



投稿時刻(20:54)│コメント(9)ModelSim 

この記事へのコメント

1. Posted by cube   2010年01月15日 15:01
5 こんにちは。
以前メールで本ソースをいただいたcubeです。
ご挨拶がおくれましたがおかげさまで、
無事大量のシミュレーションを終えることができました。
ほんとうにありがとうございました。
今後も活用させていただきます!
2. Posted by たーぼ   2010年01月15日 19:43
cubeさん、こんにちわ。
たーぼです。
うまくいったようで何よりです。
今はblogを書く時間がとれないのですが、また便利なモジュールが出来たら公開したいと思います。
3. Posted by marsee   2010年02月19日 09:31
こんにちは。お久しぶりです。
本当にタイムリーなライブラリありがとうございます。
ぼけ復元フィルタを作っているので、使わせていただきたいと思います。
ダウンロードさせていただきました。ありがとうございました。
4. Posted by たーぼ   2010年02月20日 03:05
marseeさん、こんにちは。
いつも、blogを読ませていただいています。
ぼけ復元フィルタは、blogにあった例のカメラの件ですか?
画像処理の方向で進んでるとはおもしろそうですね。いっそ超解像技術ってのはいかがでしょうか?
5. Posted by marsee   2010年02月20日 12:27
こんにちは。
実はその技術の派生技術です。
6. Posted by たーぼ   2010年02月22日 20:52
おぉ超解像技術ですか!おもしろそうですね。
そういった技術を研究開発させて貰えるなんてうらやましい限りです。
7. Posted by cube   2010年05月18日 17:47
こんにちは、cubeです。
本モジュールについて教えてください<(_ _)>
横が2048以上のbmpを開こうとすると
エラーになるのですが、
8192ぐらいまでのbmpを開けるようにするのは
可能なのでしょうか?
8. Posted by たーぼ   2010年05月20日 20:51
cubeさん、こんにちは。たーぼです。
レスが遅くてすみません。
最近いそがしいもので...

2048以上の画像は、ファイル[bmp_pkg.vhd]の
プロシージャ[private_err_chk]でエラーにしています。
この部分を8192に書き換えればエラーは出ないと思います。
(具体的には、X"00000800"をX"00002000"にします)
9. Posted by cube   2010年05月24日 09:17
たーぼさん、おはようございます。
cubeです。

ありがとうございます。
しっかりコメントまで入れていただいていたのに
気づかなくてすいません。

お忙しいところ、ご回答ありがとうございました
<(_ _)>

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ別表示
月別表示
問い合わせ・連絡先
ta_bo__@livedoor.com

本サイトは以下のアクセス解析を使用しております。
基礎化粧品