2007年09月07日

秀丸エディタV7.00リリース

秀丸エディタのV7.00がリリースされた。
今回の注目は補完機能だが、今まで補完マクロを使っていたのでそれほど魅力を感じなかった。しかし、少し試してみるとやはりネイティブの方が使いやすい。
それでも、補完マクロの良いところもある。キーワードと雛形を登録すれば補完で一致した時、雛形を生成出来る。
例えば、「proc」と入力して補完すると「process () begin」「end process;」まで補完出来る。
なので、ネイティブ補完と補完マクロは両方同時に使って使い分けるのが良さそうだ。
またV6.00から入っていたがアウトラインと折りたたみ機能も有効に使えそうだ。

アウトラインや折りたたみ、補完辞書などをVHDL用に設定たら、こんな感じになる。

hide7




テキストエディタが便利になりすぎると、言語のキーワードスペルを覚えられなかったり、忘れたりしそうだ。私は未だに「architecture」は怪しい...



投稿時刻(21:00)│コメント(0)雑記 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ別表示
月別表示
問い合わせ・連絡先
ta_bo__@livedoor.com

本サイトは以下のアクセス解析を使用しております。
基礎化粧品