2007年06月25日

ModelSimパフォーマンス比較

ずいぶん昔のデータだが、ModelSimの各エディションでのパフォーマンスを比較してみた。

比較方法は、メモリモデルや画像演算などを含んだそんなに小さくない回路を30秒間シミュレーションした時のシミュレーションの進捗である。
動作環境はWindows2000でXEON3GHzDual、MEM2GByte、U320SCSIと当時(5年位前)では最強スペックのマシンだ。

XE5.7c Sterter         4ms
PE5.8                         120ms
SE5.7g                       260ms

結果からXEの遅さが際だっている...
やはりXEでは仕事にならない、最悪でもPE、出来ればSEを購入したい所だ。またシノプシスやケイデンスのシミュレータと言う手もあるが、XilinxのFPGAをWindows上で開発するのにはModelSimが一番良いのではと思う。
尚、私はメンター社とは一切関係ありません。

使った事は無いが、Verilog使いの方はVeritakと言うシミュレータもある。これを使う為だけにVHDLからVerilogに移行しても良いと思えるほど良さそうである。
これを作っている方のホームページを見ると分かると思うが、本当にすごい人だと思う。



投稿時刻(12:38)│コメント(0)ModelSim 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ別表示
月別表示
問い合わせ・連絡先
ta_bo__@livedoor.com

本サイトは以下のアクセス解析を使用しております。
基礎化粧品